Naoki Otsu

英語圏のサイトをヒットさせるGoogle検索

2018-10-07

開発していて、バグに遭遇するとGoogle先生に頼ることは多い
そんな時に日本語サイトでピンポイントにそのバグの解消法が載っていたらラッキーで、
ほとんどの場合、海外のStack OverflowかGitHubのIssueで解決に導かれることが多い

そうなると英語圏のググり力が大事になってくるけど、そんな時の「自分はこうやってます」メモ
いやいやもっと良い方法あるよって方は教えて頂けると有り難いです

英語圏のサイトをヒットさせるGoogle検索

英語圏でGoogle検索したい時、自分は下記のURLを開いて検索してる

https://www.google.com/webhp?gl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

英語圏のクエリパラメーターが付いていて、基本的に英語サイトがヒットする
バグの場合、エラー文言などで検索すると、高い確率で海外のStack OverflowかGitHubのIssueが上位に表示される

自分はこのURLをブックマークして、パッと開けるところに置いてる

この方法を知る前は、Google検索の「設定」から言語を「英語」に変えて検索したりしていた。
これでも英語はヒットするけど、操作がめんどくさいのと、英語圏に混じって日本語サイトが表示される事も多かったので、上記のURLに切り替えた

公式サイトを見たい時も

以前に比べて、公式のドキュメントを見る機会が圧倒的に多くなったと感じているけど、
公式のドキュメント系も、このURLから検索するとだいたい1番最初にヒットしてくれる

日本語圏で検索していると「React」なんかで検索しても、大量の日本語の入門記事がヒットして、肝心のReactの公式サイトはヒットしてくれない
無いかもしれない公式サイトのリンクを求めて、「あってくれ!」と願いながらネットサーフィンすることさえある..(TT)

という訳で、自分の中では結構重宝している検索方法の紹介でした
ちゃんちゃん